JK Planet - Instagram

エンゲージリングの中央にセットされるダイヤモンドには、「4C」(カラット・カラー・クラリティ・カット)を証明する鑑定書を付属しています。ダイヤモンドの真偽、品質を知る方法として鑑定書がもっとも有効かつ重要になります。 鑑定書は、G.I.A(米国宝石学会)考案の品質評価国際基準である「4C」で作成されます。 鑑定書には「4C」を基準にダイヤモンド写真、重量、サイズなどの詳細な測定・検査結果が記載されます。
JKPlanetは、G.I.A(米国宝石学会)、CGL(中央宝石研究所)、DGL(ダイヤモンドグレーディングラボラトリー)いずれかで発行した鑑定書付ダイヤモンドを揃えております。
※『フォーエバーマーク』『ロイヤルアッシャーダイヤモンド』、『ラザールダイヤモンド』等一部ブランドにつきましては、ブランド発行の鑑定書をお渡ししております。

4Cとは?

4CとはCarat (カラット・重さ)、Color (カラー・色)、 Clarity (クラリティー・透明度)、 Cut (カット・プロポーション)の4つの項目の事で、 それぞれの頭文字が「C」から始まることから「4C」と呼ばれています。 ダイヤモンドの品質・価格はこの4つの要素をもとに決定されます。

  • Caratカラット / 重さ

    カラットは宝石の重さを表す単位で、1カラットは0.2グラムで“ct”と表記されます。カラットの違いは大きさに比例しますので、4Cの中では見た目に一番影響する部分です。

  • Colorカラー / 色

    カラーはダイヤモンドの色の違いを等級によってあらわしたものです。無色透明を最高品質とし、黄色などの色味を帯びることによって、等級が下がっていきます。無色透明であるDカラーに近づくほど、輝きは明るくなり、希少価値も高くなります。

  • Clarityクラリティー / 透明度

    クラリティーとは、ダイヤモンドの透明度を表します。透明度とは、ダイヤモンドの内部に含まれる内包物の量が多いか少ないかを表したものです。内包物が少ないほど透明度が上がり、輝きも増していくことになります。

  • Cutカット / プロポーション

    カットは、ダイヤモンドの輝きを決定づける大切な要素です。4Cの中で唯一、人が手を入れられる要素になります。カット評価は、研磨や仕上がりの状態で、エクセレントからプアまでの5段階で評価されます。

Brandブランドから探す


Categoryカテゴリーから探す